プロフィール


整理収納アドバイザー taka

 

神奈川県在住、石川県出身。

夫と3人の子供たち(中2長男・小6次男・小4末娘)との5人暮らし。

住まいは、3LDK・築15年の分譲マンション。

 

 

◎整理収納アドバイザーになるまで

 

診療放射線技師として都内の大学病院にて5年間勤務したのち、長男出産を機に退職。

 

片付けは元々得意ではなく、空いているスペースにものを詰め込むタイプ。片付けてもすぐに散らかるの繰り返しでした。また、ステキな暮らしやインテリアには幼い頃から興味や憧れを抱いていましたが、わが家では無理と諦めていました

 

そんな暮らしの中で、子どもの成長と共に出てきた悩みを解決すべく、DIYで自宅を改造。

悩みが解決したのを機に、家に対して諦めていた気持ちは薄まり、大好きな空間は自分で作れるとポジティブに変化。見た目だけでなく中身(収納)も整えたいと思うようになり、収納本を参考に自己流の片付けをスタートしました。

 

その後、片付けた自宅が雑誌に掲載。周囲から片付けの相談を受けるようになったため、自己流ではなく整理収納についてきちんと学ぼうと一大決心。

2018年整理収納アドバイザー1級の資格を取得しました。


◎家はスッキリ整うように。でも気持ちはスッキリしなかった…。

 

『家が整えば心地よく暮らせる』と思っていた私。

整理収納を学び、家はすっきり整いましたが、「ちゃんと片付けて!」「収納場所を作ったのになんでしまえないの?」と毎日家族にイライラ・モヤモヤしてばかり。

心地よい暮らしとは言えない状況でした…。

 

特に子供たちに対しては「なんでできないの?」という気持ちが日に日に募り、何か解決策を見つけたいという思いから、親・子の片付け、子どものこころのコーチングを学ぶことに。

 

結果、族が協力してくれないと悩んでいた原因が、独りよがりな収納や自分自身(家族との向き合い方や関わり方)にもあると気付きました。収納や自分自身を見つめ直すようになり、家族に対するイライラ・モヤモヤが激減。笑顔の時間も増えました。

 

子どもに対しては先回りしてあれこれやってしまうことが多かったのですが、信じて任せたり見守ったりができるようになりました。結果、子供たち自身も以前より自分で考え行動することができるようになっています。

 

 

そんな自身の体験から、家を整えるだけでなく、毎日頑張るママの気持ちや暮らしがラクになる、笑顔の時間が増える暮らしのトータルサポートをしていきたいと思っています。

     

『つづく、暮らし』が大切にしている3つのこと



【保有資格】

・整理収納アドバイザー1級

・親・子の片付けインストラクター1級

・国家資格 診療放射線技師

・ライフオーガナイザー2級

・初級子育てアドバイザー(子どものこころのコーチング協会)